東京都内全域対応。徹底して「資産価値」にこだわる不動産取引エージェント「ミトミ」。マイホームの仲介から住宅ローンコンサル、インスペクション、不動産投資、トラブル解決まで!
知っておきたい不動産の「知恵」

空き家

急増する空き家。その中には「売れる中古マイホーム」が約50万戸も眠ってる?

空き家の中でも、賃貸用でも売却用でもない“売り(貸し)だされない住宅”が急増 空き家が増えているといわれています。総務省などの統計によれば、空き家全体の総数では2003年~2013年の間に1.2倍(659万戸 ⇒ 820 …

マイホームを買うなら好立地の中古も選択肢に!資産価値があれば住み替えやすい

「マイホームは一生に一度の買い物だから…」ってホントにそう?(`・ω・´) マイホーム購入を検討したときに、まず初めにみなさんは何を考えますか?? 価格・エリア・間取り・設備・生活しやすい環境などなどいろいろなことを考え …

資産価値があるエリアの見分け方とは?マイホームを買う前にここをチェック!

資産価値があるのは都心の港区や中央区?実は「価格が高い」こととは関係ない 空き家が増え続ける中、マイホーム購入には資産価値が重要といわれています。では、資産価値の高いエリアはどうやって見分けるのでしょうか。 「資産価値が …

農地(生産緑地)を貸しやすくなる?不動産の2022年問題を乗り切る国の対策

都市の農地や緑を維持しようと政府が本格的に動き出した! つっちーです!今日も、ミトミに転がってた日経新聞を眺めてました。。ええっと9月6日の古い新聞ですけど。。。 その一面に『都市農地維持へ税優遇 「生産緑地」22年期限 …

物価上昇のために「マイホームの家賃」の計算方が変わる?土屋が覚える違和感…

マイホームなのに家賃を支払うの?物価に大きく関係する「帰属家賃」って? 今日、ミトミの事務所におととい(8月21日)の日経新聞が私のデスクに転がってたので、読んで…眺めてみました!|ω・)ジー そうしたら3面に「上がら …

郊外のハンバーガー店が2割も減る?!人口減で2040年に消滅するサービスとは

郊外の人口減少に伴ってサービス提供が困難に。銀行や病院の撤退が進む 人口減少が続いている日本。特に、郊外での暮らしに大きな影響を与えます。 マイホームを購入した当初には便利なスーパーや病院、銀行などが周りにあり生活圏内で …

1億㎡もの農地が住宅地に?!地価が暴落すると噂される「2022年問題」とは

「生産緑地」(都市農地)が住宅地に変わる?不動産業界の“2022年問題”とは? 不動産業界の中で「2022年問題」と呼ばれる懸念事項があります。空き家が増え続ける中、「2022年に大量の住宅用地が市場に供給されるのではな …

登記の促進・活用の検討が開始。マイナンバーとの連携や常時無料公開も

不動産の権利に関する登記は任意。そのまま放置して所有者が不明に… 2017年4月5日に実施された、政府の規制改革推進会議「第13回投資等ワーキング・グループ」(内閣府)で、不動産登記の見直しが議論されています。 不動産の …

相続が発生したら必ず登記!「法定相続情報証明制度」で手続きが簡素化

「法定相続情報⼀覧図の写し」1通で相続手続きが可能に。相続登記を促す 政府は2017年5月に、相続登記を促進するための新たな制度として「法定相続情報証明制度」を創設する予定です。 相続が発生した場合、財産を引き受ける相続 …

進む立地適正化計画。全国初、民間の改修計画を国交省が認定(鶴岡市)

コンパクトシティ実現に向け、国が民間の街づくりを支援(山形県鶴岡市) 2017年4月1日、山形県鶴岡市の民間事業者(株式会社庄交コーポレーション)が策定した「民間誘導施設等整備事業計画」(事業名称:東京第一ホテル鶴岡他改 …

再建築率が「8.4%」と過去最低を更新!空き家の増加が止まらない

取り壊した上で新たに住宅を建てるのは、わずか12戸に1戸(2015年度) 2017年2月28日、国交省は2015年度の「住宅着工統計による再建築状況の概要」を発表しました。再建築率が史上最低を更新、「8.4%」にまで下が …

大田区が入院付き添い家族向け民泊を導入。今後は「病院チカ」物件?!

大田区が大学病院・民泊業者と提携・協定を結び、入院付き添いを支援 民泊を推進する東京都大田区が2017年3月17日、手術の付き添いなどで、病院の近くに滞在する必要がある家族などが安く宿泊できるよう、大学病院や民泊業者と提 …

家を買ったり借りたりする人が激減?空き家増加に備えた住宅購入を!

日本の不動産マーケット(生産年齢)人口は、35年後に▲35%も減少?! 人口減少といわれ続けて久しい日本。既に、人口も世帯数もピークを過ぎており、人も家族も減っていく時代に突入しています。 国税調査や人口推計(総務省)な …

中古住宅をリフォームしたら本当に価値があがる?査定マニュアルが改善

戸建て住宅の不動産鑑定も、建物の性能やリフォームを適正評価へ 2015年7月末に国交省は「既存住宅の評価に関する留意点」を策定・公表しています。これに応じて、日本不動産鑑定士協会連合会は、中古(既存)の戸建住宅の評価を行 …

築20年で建物がゼロ円なんておかしい…を「住宅ファイル制度」が解決!

「住宅ファイル制度」でリフォームによるバリューアップを反映して評価 2016年1月より、「近畿不動産活性化協議会」が中心となって「住宅ファイル制度」を開始しています。 住宅ファイル制度とは、建築士(インスペクター)やリフ …

「一生に一度」「新築」からの脱皮!住み替える(住み継ぐ)時代へ

住み替えに備え、いつでも貸せて売れる「キャッシュを生む家」を買う 子どもの成長や、仕事の都合、老後の地方でのスローライフなど、「住み継ぐ」というライフスタイルが主流となりつつあります。 老後、住宅が老朽化し古い設備の不自 …

人口が二極化する日本、地方の賃貸アパート建設増で住宅着工が97万戸に

東京圏への人口一極集中が続く。その東京圏でも転入者超過数は5年ぶり減 2017年1月31日、総務省が発表した「2016年の住民基本台帳人口移動報告」によると、転入者が転出者を上回る「転入超過」は7都府県(東京都・千葉県・ …

買ってはいけない物件の特徴は?将来買い手が付かない住宅は避ける

【注意】どんな物件でも15年程度で価格が下げ止まるわけではない 一般的に、住宅は建築後15~20年程度で価格が下げ止まります。しかし中古住宅であればどのような物件でも価値が下げ止まるわけではありません。 将来の売却(出口 …

コンパクトシティの誤解とは?超長期・複合プロジェクトゆえの賛否両論

「コンパクトシティ+ネットワーク」で行政サービスを維持する 急激な人口減少・少子高齢化がもたらす弊害は多く指摘されています。 不動産の視点からいえば、この現象がもたらす課題の一つは、人口密度の低い市街地を形成することです …

住宅着工件数が減ってもなぜ空き家が増える?「再建築率」が過去最低に

「再建築率」とは建物を壊して建て直した住宅の割合。国交省が毎年公表 2016年3月、国土交通省は2014年度の「住宅着工統計による再建築状況の概要」を発表しています。 結論からいうと、住宅を取り壊さずに建てる、取り壊して …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミトミ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.