東京都内全域対応。徹底して「資産価値」にこだわる不動産取引エージェント「ミトミ」。マイホームの仲介から住宅ローンコンサル、インスペクション、不動産投資、トラブル解決まで!
知っておきたい不動産の「知恵」

空き家

コンパクトシティの誤解とは?超長期・複合プロジェクトゆえの賛否両論

「コンパクトシティ+ネットワーク」で行政サービスを維持する 急激な人口減少・少子高齢化がもたらす弊害は多く指摘されています。 不動産の視点からいえば、この現象がもたらす課題の一つは、人口密度の低い市街地を形成することです …

住宅着工件数が減ってもなぜ空き家が増える?「再建築率」が過去最低に

「再建築率」とは建物を壊して建て直した住宅の割合。国交省が毎年公表 2016年3月、国土交通省は2014年度の「住宅着工統計による再建築状況の概要」を発表しています。 結論からいうと、住宅を取り壊さずに建てる、取り壊して …

「検査済証」なしでも保育所可能に?都が待機児童解消に向け規制緩和!

東京都は待機児童の解消に向け、保育所を開設しやすく規制緩和 東京都が待機児童の解消に向け、空きビル・空き店舗を保育所に転用しやすくする規制緩和に乗り出しました。 これまで東京都では、「2方向避難が可能」など保育所の転用の …

罰金50万円?ファミリーを呼び込む豊島区の「ワンルームマンション税」

30㎡未満のワンルームマンションに事実上の”罰金”を課す豊島区 ワンルームマンションの建築を規制する動きはますます強くなっています。 特に、東京都では最低限の専有面積を定めるなど、23区すべてで狭小住宅を規制するなんらか …

いち早く少子高齢化問題に対応する日野市!「立地適正化計画」に取組む

立地適正化計画に取り組む東京都日野市は、少子高齢化が急激に進む コンパクトな街づくりを目指す「立地適正化計画」の取り組みに着手しているのは、東京都では日野市と福生市の2市に留まります。ここでは日野市の状況をみていきましょ …

住むエリアを市町村が限定する立地適正化計画!家の資産価値に大きなインパクト

住宅や商業施設などを集約して、公共交通ネットワークで結ぶ「立地適正化計画」 2014年8月1日に施行された改正都市再生特別措置法に基づき、全国の自治体がその地域全体を見渡したマスタープランを策定する「立地適正化計画制度」 …

どうなる日本?国勢調査が示す人口・世帯の大きな変化、二極化も進む

史上初のオンパレード。少子高齢化・単身世帯化が進む 2016年10月26日、総務省は2015年国勢調査の確定値を公表、史上空前の少子高齢化の様子が浮き彫りになっています。 (外国人含む)総人口の減少、75歳以上が14歳以 …

自己資金ゼロでリノベーションできる!私鉄沿線の空き家が賃貸住宅に

私鉄各社が、住み替えに伴う空き家を有効活用するサービスを開始 これまで物件の管理業務を多数手がけてきた私鉄各社が、空き家管理やリフォーム・リノベーション、賃貸管理、売却・住み替え、民泊などの各種支援サービスを開始、沿線の …

市街地の空き家はどう活用される?物流不動産という新たな使い道

増え続ける空き家。有効な活用法を未だ模索中 2013年10月時点で7件に1件(13.5%)が空き家、数にして820万戸もの空き家があるといわれています(総務省)。 空き家は老朽化に伴い倒壊・火災や治安悪化の不安も生まれる …

売却損が当たり前?深刻な日本住宅の価値下落。自分で資産を守る!

80%の人が住宅を売却損を出している。▲1,000万円の損が40%超の年も 「8割が売却損。しかも3割弱の人は1,000万円以上の損」、衝撃のデータです。 これは自宅を売った時に出た損(=購入価格-売却価格)の統計データ …

家の資産価値は立地が9割?現金化できるマイホームで将来の住み替えが可能に!

マイホームを買った場所が悪く自宅が売れない。住み替えられず不便な生活が続く ずっと同じ場所に留まるのではなく「住み継ぐライフスタイル」が浸透してきています。 しかし、自宅の資産価値が下がり、売るに売れず、利便性の高い地域 …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミトミ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.