東京都内全域対応。徹底して「資産価値」にこだわる不動産取引エージェント「ミトミ」。マイホームの仲介から住宅ローンコンサル、インスペクション、不動産投資、トラブル解決まで!
知っておきたい不動産の「知恵」

業界動向

中古住宅の欠陥を見抜く裏技?瑕疵保険でお金も品質も安心、将来の売却も有利に

瑕疵保険は万が一の備え。この制度ができた裏には消費者の泣き寝入りがあった 「一念発起して購入したマイホームが欠陥住宅だった…」こんな事態になっては安心して不動産取引ができません。 そこで、新築の場合には、引き渡しから10 …

不動産屋の営業電話がしつこくてウンザリ!勧めるなら自分で投資物件買えよ!

「お勧めするならあんたが買えよ!」うっとうしい不動産営業に対する素朴な疑問 「マンション買いませんか」「あなたにピッタリの投資物件です」こんな言葉で不動産屋から電話営業の攻勢をかけられたことありませんか。 忙しいのに何度 …

「掘り出し物件」を見つける簡単な方法。不動産屋が紹介したいと思う買主になる

掘り出し物件に出会うには近道がある。買主自身のことを不動産屋に伝えるだけ 不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も冷静に判断することは忘れないでください)。 …

「おとり広告」がなくならない日本。アメリカとはマイホームの「買い方」が違う

おとり広告する業者が撲滅しないのは、同じ商品をどのコンビニでも買えるから? ブー太郎:クマ社長、ふと思ったのですが、おとり広告ってなくす方法ないんでしょうか。。 自分のお店へ来店させようとして、架空の物件や契約する気のな …

家を買う前に絶対確認したい5つのポイント。不安が消えない時の有効な対策とは

「この物件、買ってもいいの?」マイホームを購入する前に確認する項目5つ マイホームを購入しようと、物件探しをして内覧(内見)もして気に入った。 さあ、いざ購入申込書(買付申込書)を買おうと思ったら「この物件、本当に買って …

フジテレビで「おとり広告」特集やってました!物件より不動産屋選びですよ!

グッディでおとり物件特集をやってました!実はミトミも取材されてたり(〃艸〃) こんにちは(*´ω`*)つっちーです 先週の金曜日(11月24日)に、フジテレビ「直撃ライブ グッデイ!」でおとり物件特集やってました!ミトミ …

物件紹介に価値はない?不動産会社の役割は「見えないリスク」を見抜くこと!

物件情報量はどの不動産屋もほとんど同じなのに、なぜSUUMOに載せたがる? ブー太郎:ウェブセミナーを参考にして、不動産取引の基本的な知識は頭に入れました! クマ社長:よく頑張ったね。勉強してみてなにか考え方は変わりまし …

こんな不動産営業は危険!リスクも積極的に伝えるエージェントを通じて住宅購入

ブー太郎、「契約させたもん勝ち」の悪徳不動産屋から足を洗う決意をする ブー太郎:あ、あのパンダ先生…昔、悪徳不動産屋でガッポリ儲けてたんですが… やっぱり、足を洗って、お客様のためにゼロから出直したいんです… パンダ仙人 …

「不動産屋選び」「物件選び」どっちが先?マイホーム取引のカギはエージェント

マイホーム取引で先に行うのは、インターネットでの物件探し?不動産会社選び? マイホーム探しを始める時、SUUMOやHOME’Sなどの物件情報ポータルサイト(インターネット)でいろいろと物件を見て回るのは楽しい …

不動産会社との接点が「物件」なのは儲かるから?マイホーム購入に潜む危険とは

なぜマイホーム購入に失敗するのか?気持ちいい取引の裏にあるリスクとは… マイホーム購入する際には、だれでも慎重になるはずなのに「失敗した・・・・゜・(PД`q。)・゜・ 」という話が出てくるのはなぜだかみなさんわかります …

仲介サービスがスカスカな業者が頼る「おとり物件」。見分け方は「現地集合」

摘発が続くおとり広告。今月も42社に対してポータルサイト掲載拒否の罰則が適用 売ったり貸したりする意志がなく、実際には契約できない物件をインターネットの物件サイトに載せる「おとり広告(おとり物件)」。 ミトミでも、過去に …

AI価格査定やVR内覧は便利なだけじゃない!リアルエステートテックの凄さとは

情報格差や取引の不透明さを払拭するリアルエステートテック(不動産テック) 最もデジタル化が遅れていると言われる不動産業界。 ここにきて、IoT、AI、AR、VRなどのICT技術と不動産を融合させ、新たな価値を提供しようと …

新築マンションを買ってもいいの?購入検討者が資産価値(立地)を見極め始めた

新築マンションの売れ行きが悪い。発売戸数が減少、価格高止まり、契約率が低い 首都圏で、新築マンションの売れ行きが低迷しています。 2017年11月15日に発表された「首都圏のマンション市場動向調査」(不動産経済研究所)に …

マイホーム購入のタイミングに遅い早いはない!モヤモヤを解消して納得の取引を

マイホーム物件を選ぶ前にやること、それは「家を買う準備」(ง `ω´)ง! マイホームを購入するとなると、だれでも多少なりとも不安になりますよね( ´_`)丿 ズバリ言ってしまえば、不安があるうちは焦って購入せずに購入を …

不動産の押し売りにはこう対策!マイホーム取引にAI(人工知能)を使う方法も

マイホーム取引を信頼して任せられる業者を選ぶ。不動産屋の目的はあなたと逆? マイホーム選びの前に、不動産の安全性や資産性をしっかり検証できる不動産会社を選ぶことがとても大切です。 難しいことや専門的なことを理解するのはお …

「安心R住宅」を使う売主は、1つの不動産屋にしか依頼できない。囲い込みに?

「安心R住宅」で適正な中古住宅が探しやすくなる。2018年4月から運用開始 国交省は中古住宅の取引を活発化させようと、2018年4月から「安心R住宅」制度の運用を開始します。 これは、中古に対する「不安」「汚い」「わから …

マイホーム購入は「物件選び」という思い込み。買うことはゴールではない!

「家を買う」≠「物件を選ぶ」。家を買う前に不動産会社がなにもチェックしない 「マイホーム購入に失敗した…」という話が、なぜ後を絶たないのでしょうか。 その原因の一つが、不動産会社がお客様(買主)を気持ちよくさせ、契約書に …

役所は耐震性をチェックしてない?!中古の木造戸建てに耐震診断が必要な理由

耐震基準は、建物が建った時期ではなく「建築確認の時期」でチェックすべき 地震大国日本。マイホームを買う時にも、ご家族の命を守る安全性の確認として「耐震性」はとても気になるものです。 まず耐震性を調べる際には、国が定めた耐 …

家の安全や資産性の検証はあなたの仕事じゃない!カギは「誰を通して買うか」

間取りや設備を考える前に、安全性や資産性を検証。「みんなが住みたい家か?」 マイホームを買う時、間取りやキッチンなどの設備だけにこだわるのではなく、土地や建物の安全性をまずは確認しなければなりません。 また、資産価値があ …

急増する空き家。その中には「売れる中古マイホーム」が約50万戸も眠ってる?

空き家の中でも、賃貸用でも売却用でもない“売り(貸し)だされない住宅”が急増 空き家が増えているといわれています。総務省などの統計によれば、空き家全体の総数では2003年~2013年の間に1.2倍(659万戸 ⇒ 820 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミトミ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.