東京都内全域対応。徹底して「資産価値」にこだわる不動産取引エージェント「ミトミ」。マイホームの仲介から住宅ローンコンサル、インスペクション、不動産投資、トラブル解決まで!
知っておきたい不動産の「知恵」

不動産用語

中古住宅の欠陥を見抜く裏技?瑕疵保険でお金も品質も安心、将来の売却も有利に

瑕疵保険は万が一の備え。この制度ができた裏には消費者の泣き寝入りがあった 「一念発起して購入したマイホームが欠陥住宅だった…」こんな事態になっては安心して不動産取引ができません。 そこで、新築の場合には、引き渡しから10 …

「掘り出し物件」を見つける簡単な方法。不動産屋が紹介したいと思う買主になる

掘り出し物件に出会うには近道がある。買主自身のことを不動産屋に伝えるだけ 不動産の中には「掘り出し物件」といわれる誰もがうらやむ超好条件の物件が存在します(もちろんどんな物件も冷静に判断することは忘れないでください)。 …

家を買う前に絶対確認したい5つのポイント。不安が消えない時の有効な対策とは

「この物件、買ってもいいの?」マイホームを購入する前に確認する項目5つ マイホームを購入しようと、物件探しをして内覧(内見)もして気に入った。 さあ、いざ購入申込書(買付申込書)を買おうと思ったら「この物件、本当に買って …

仲介サービスがスカスカな業者が頼る「おとり物件」。見分け方は「現地集合」

摘発が続くおとり広告。今月も42社に対してポータルサイト掲載拒否の罰則が適用 売ったり貸したりする意志がなく、実際には契約できない物件をインターネットの物件サイトに載せる「おとり広告(おとり物件)」。 ミトミでも、過去に …

AI価格査定やVR内覧は便利なだけじゃない!リアルエステートテックの凄さとは

情報格差や取引の不透明さを払拭するリアルエステートテック(不動産テック) 最もデジタル化が遅れていると言われる不動産業界。 ここにきて、IoT、AI、AR、VRなどのICT技術と不動産を融合させ、新たな価値を提供しようと …

「安心R住宅」を使う売主は、1つの不動産屋にしか依頼できない。囲い込みに?

「安心R住宅」で適正な中古住宅が探しやすくなる。2018年4月から運用開始 国交省は中古住宅の取引を活発化させようと、2018年4月から「安心R住宅」制度の運用を開始します。 これは、中古に対する「不安」「汚い」「わから …

役所は耐震性をチェックしてない?!中古の木造戸建てに耐震診断が必要な理由

耐震基準は、建物が建った時期ではなく「建築確認の時期」でチェックすべき 地震大国日本。マイホームを買う時にも、ご家族の命を守る安全性の確認として「耐震性」はとても気になるものです。 まず耐震性を調べる際には、国が定めた耐 …

中古住宅はレモンばかり?「買いたいけど不安」に応える制度が4月から本格始動

中古市場はレモン市場?“欠陥物件”が適正な家を駆逐して、品質の悪い家だけ残る 中古住宅市場は「レモン市場」ともいわれます。経済学の用語ですが、買主が欠陥住宅かどうかを見抜けないがために、市場に出回る物件が悪質なものだけ残 …

嫌な仲介業者を取引から外せない?「元付・専任」物件と「囲い込み」の関係とは

訪問したのが、欲しい物件の元付仲介業者(専任媒介)だった場合は要注意 マイホーム購入は、安心して取引できる不動産仲介会社を通じて行いたいものです。 不動産の取引構造は、原則としてどの不動産会社を通しても取引できるような仕 …

【実例】不動産会社の嘘「築年数が古いから住宅ローン減税は使えませんねぇ…」

「古い物件だからローン控除は難しいですね~」と言って他物件を紹介する不動産 先日、ミトミにご相談にいらしたお客様からこんなご相談を受けました。 「ある不動産屋さんに行って、物件を見せてもらったんです。気に入ったんですが、 …

実は中古住宅はお買い得!優良な物件を見分けて、不安を解消する方法とは?

中古と新築の違いは「時間が経ったかどうか」だけ。時間の経過はメリット? つっちーです!「新築」と「中古」の違いってなんだかわかりますか??٩(•౪• ٩) なんとなーくイメージ的に、 新築→綺麗・住み始めるまではまっさら …

不動産屋をどう選ぶ?「大手か地域密着か」でなく、買主利益を最大化する会社!

物件は一つ、不動産会社はたくさん。大手でも中小零細でも物件量はほぼ同じ! つっちーです(*´ω`*)いきなりですが、質問です!(°ω°) 不動産屋って大手と地域密着型とどっちの方が情報をたくさん持っているでしょうか?٩( …

住宅ローンの組み方のおすすめは?変動・固定で悩まず、確実な返済方法を選ぶ!

「住宅ローンは変動・固定金利、どちらがお得か」を予想するのは危険? 住宅を手に入れるには大きな資金を使います。「マイホーム購入は住宅ローン購入」ともいえるくらい、家を買った後の生活に大きな影響を及ぼします。 ローンの組み …

本当に住宅ローンを返済できるの?あなたが「借りてよい額」はFPでわかる!

住宅ローンの審査よりも前に、「借入可能額」「返済可能額」の違いを知る つっちーです!さて今日はマイホームを購入する際に気を付けたいローン返済額の話!(`・ω・´) 物件を探す前に、ある程度の予算額を決めておくことが必要で …

「年収は?勤務先は?借金は?」マイホーム購入で個人情報を詳しく聞かれる理由

なんで不動産屋は個人情報を根掘り葉掘り聞いてくるの? 不動産屋に行ったら、よく個人情報を聞かれますよね? 「失礼ですがご年齢をお伺いしてもよろしいでしょうか」「ご家族はいらっしゃいますか?」「ご年収はおいくらくらいでしょ …

家を買おうと思った動機やタイミングは?後悔しない住宅購入のカギは5W1H

“とりあえず”の内見が、どんどんマイホームの夢を膨らませていく…(°ω°) つっちーです!皆さんは、おうち探しを始める際にまず初めになにをしようと思いますか??(°ω°) なにから手を付けたらいいのかわからなかったり、ち …

農地(生産緑地)を貸しやすくなる?不動産の2022年問題を乗り切る国の対策

都市の農地や緑を維持しようと政府が本格的に動き出した! つっちーです!今日も、ミトミに転がってた日経新聞を眺めてました。。ええっと9月6日の古い新聞ですけど。。。 その一面に『都市農地維持へ税優遇 「生産緑地」22年期限 …

物価上昇のために「マイホームの家賃」の計算方が変わる?土屋が覚える違和感…

マイホームなのに家賃を支払うの?物価に大きく関係する「帰属家賃」って? 今日、ミトミの事務所におととい(8月21日)の日経新聞が私のデスクに転がってたので、読んで…眺めてみました!|ω・)ジー そうしたら3面に「上がら …

1億㎡もの農地が住宅地に?!地価が暴落すると噂される「2022年問題」とは

「生産緑地」(都市農地)が住宅地に変わる?不動産業界の“2022年問題”とは? 不動産業界の中で「2022年問題」と呼ばれる懸念事項があります。空き家が増え続ける中、「2022年に大量の住宅用地が市場に供給されるのではな …

日本人の平均寿命が男女共に過去最高を更新!住み替える時代に備えた住宅購入を

平均寿命が過去最高を更新。男性80.98歳、女性87.14歳で共に世界第2位! 2017年7月27日、厚生労働省は、2016年の日本人の平均寿命を発表しました。 男性「80.98歳」(前年比+0.23歳)・女性「87.1 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 有限会社ミトミ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.