※リニュアル仲介本部パイロット店でのお客様です。ミトミでも同じサービスを受けられます

1億を超えるRCの一戸建てを購入。4度の住み替えでステップアップしてきたプロセスをお話しいただいています。

お客様の物語(リニュアル仲介株式会社)より

新築を購入して失敗した経験を活かす。資産価値なら中古

18年間で住宅を4度購入(3回の買替え)を経験されたTさん。「買替えができたのも、(過去に買った)物件の値段が下がらなかったから」と言い切ります。

「最初に買った新築マンションが4年余りで1,000万円の下落を経験した。新築では当たり前のことだけど、資産価値が上がらなくとも、少なくとも下がらないものを選ぶべきでしょう」と、資産価値を重視したからこそ中古物件をご購入されています。

「新築は必然的に価値が下がってしまうので、ある程度値が下がり切った中古を買う。そして自分のライフスタイルに応じて、間取り変更など好きにリフォームをした方がいいのでは」とご提案されています。

人の集まる立地にこだわる

Tさんは、通勤の利便性(駅からの距離10分以内)や地盤も含め、長い目で見て価値が下がらない物件を選びます。「自分にとっての利便性の良さは、他の人にとっても利便性の世い立地と考えた。実際、需要が落ちなかった。だから資産価値(物件価格)も落ちなかった」と自信を持って語られています。

人が集まるエリアの住宅は価値が保たれます。買い手が多いため、値段が下がらないのです。住宅は安い買い物ではありません。だからこそTさんは地盤も含めてきっちり調べます。リニュアル仲介の考え方とまったく同じですね。