「マンション管理会社に不満がある…」場合には会社の変更を検討

マンションの管理会社がどこであるかは、普段それほど気にならないかもしれません。

しかし、「マンションは管理を買え」という言葉もあるくらい、管理はとても重要な問題で資産価値にも直結します。

そうはいっても、管理の素人である組合と、プロである管理会社。どうしても、管理会社の言いなりになりがちなところは否めないかもしれません。

組合の理事長や理事の方は本当は「大いに不満がある」と思っていらっしゃるかもしれません。そんな時は管理会社の変更を検討してみてはいかがでしょうか。

管理会社は、マンション所有者の集まりである管理組合の意向によっていつでも変更できるのです。各社に提案書や見積書を提出させ、有力な会社にプレゼンをさせてみましょう。

管理会社の選び方は意外と難しい…。知名度やブランドだけで判断しない

というものの、2,000社を超える管理会社から選び抜くのは少し大変です。

提案書や見積書を出してもらっても似たり寄ったりで、プレゼンではどこも綺麗な言葉を並べ立てるでしょう。フロント担当者との相性などもあり、「蓋を開けてみなければわからない」という側面があることも否めません。

ここでは、具体的にどういうポイントに気を付けてマンションかリン会社を選べばよいかを解説しました。

マンション住人全員の方と管理意識を高めあい、あなたのマンションの管理、ひいては資産価値が向上させましょう!

【マンション管理会社の選び方】知名度や規模だけで選ぶと失敗する