「家を買う」≠「物件を選ぶ」。家を買う前に不動産会社がなにもチェックしない

「マイホーム購入に失敗した…」という話が、なぜ後を絶たないのでしょうか。

その原因の一つが、不動産会社がお客様(買主)を気持ちよくさせ、契約書にそのままハンコを押させようとするためです。

お客様というのは、不動産取引に慣れていません。いわば、不動産取引の素人です。日常的に取引をするわけではないので、専門的な知識や経験がなくて当たり前です。

その素人であるお客様が、「この物件いいな♪」と感じた家を、プロの業者がノーチェックでそのまま契約させているのです。

買主が専門的な知識もなく漠然と「いいな」と思った物件を、「そうですね、では契約に映りましょう」と素人目線のまま(専門的な確認をせずに)取引をしてしまうことに大きな原因があります。

買主に選ばせた物件をヨイショして、そのまま契約に持ち込む営業手法は儲かる

買主と不動産業者がどういう出会い方をしているかということを考えても分かります。

初めて不動産屋に問い合わせをするのは、物件情報ポータルサイトや物件の広告(チラシ)など、「物件」からご縁が始まっていることが多いのです。

これだけポータルサイトが普及してしまい、お客様(買主)は知らないうちに「家を買うということは物件を選ぶことだ」という意識も刷り込まれてしまっています。

不動産会社にとっては、買主が自発的に気に入った物件を“ヨイショ”すれば契約に持ち込めるため、「物件選び」というイメージを植え付けることは利益に直結します。この手法が儲かるのです。

つまり、物件情報をメニュー表のように並べ立て、そこから自発的に選んでもらえる仕組みは「契約させたもん勝ち」な不動産会社にとって好都合なのです。

物件紹介と契約業務以外の「仲介サービス」こそしっかりと見極めたい

不動産会社の本当の役目は、物件を紹介することではありません。もちろん業務の一部ではありますが、「お客様が長く安心に住めるか?」を不動産のプロである業者が検証すべきといえます。

家を買うにしても、土地の履歴や災害耐性の調査、インスペクションや耐震診断などで、土地・建物の安全性がわかります。

ファイナンシャルプランを立てることで、生活に無理ない範囲で住宅ローンの返済ができます。資産価値にこだわった家を買うことで、将来の住み替えにも資金が生まれます。

そのような「見えない部分」を確認・検証して、具体的に分かりやすく説明することこそ、取引の間に入る仲介業者がしっかりと行わなければなりません。

そこが抜け落ちてしまうと、「物件紹介」⇒「契約」だけなスカスカな仲介サービスとなります。そして、物件紹介屋・契約代行業者ともいえる不動産会社を通じて契約してしまうと、後々の生活に大きな不安がのしかかることになるのです。

あなたが聞く前に、悪いことも積極的に情報を開示するエージェント選びを!

仲介業者も「物件情報」に価値を置き、マイホームを買うということは、「物件を選ぶことだ」と思い込ませているという側面があります。

本当は、お客様(買主)が選んだ物件を検証することが本来の不動産屋の仕事であるはずです。しっかりと家のチェック方法を知っておくべきなのは、他の誰でもない、不動産業者自身です。

しかし、あなた(買主)が何も指摘しなければそのまま契約をすすめてくるでしょう。だからこそ、「どの物件を買うか」とともに「どの不動産屋を通じて買うか」もしっかりと見極めましょう。

物件紹介「以外」にどこに強みがあるか?物件情報「以外」になにを伝えてくれるか?そういった視点を持つと、より安全な取引に繋がります。

(買主が聴かなくても)リスクやマイナス情報も含めて積極的に伝えてくれる不動産エージェントを通じて、マイホームを買ってくださいね。

※自分一人でこっそり物件のリスクをチェックしたい場合には、ビックデータや独自指標を使って、AI(人工知能)が「買ってもいい物件か?」をチェックする無料アプリ「SelFin」をぜひご利用ください。

「リフォーム・リノベーション」≠「カッコいいデザイン」。見えない部分が重要

住宅購入をした後、建物の不具合の補修や耐震改修、設備や間取りを変える場合などには、リフォーム(リノベーション)を実施します。

欠陥リフォーム…などの言葉がある通り、優良なリフォーム会社を選ぶことがとても大切です。なにをポイントに見抜けばいいのでしょうか?デザインに強くカッコいいリノベーションを行う会社はどうしょうか?

実は、表面をかっこよく見せるだけの表層リフォームはどの会社でもできます。

それは、リノベーション後の写真だけを見て、どの会社で施工したか見抜けないという事実からも、カッコよく見せるリフォームだけならどこの会社でも簡単にできることを物語っています。

リノベーションと聞くと、デザイナーズマンションのようにカッコよくするものだ!というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

(特に中規模~大規模な)リフォーム・リノベーションを行う場合には、カッコよさではなく、「見えない部分」をしっかり施工する会社を選ぶことが大切なのです。

耐震改修やインスペクションの実務に精通している会社は、中古住宅の改修に強い

「耐震改修ができない」「取ってはいけない壁を取る」…こんなリフォーム会社は実は少なくありません。

リフォームをした後には、壁の裏側や覆い隠されてしまう部分があります。その見えなくなる部分こそ、安全性に直結する部分であったりします。

特に建物の安全性を高める改修工事では、壁の裏側や躯体など「普段見えない部分」こそしっかり施工することが重要です。

例えば、「耐震基準適合証明書の発行は行っていますか?」「インスペクションを実施できる、既存住宅状況調査技術者はいらっしゃいますか?」「中古住宅の瑕疵保険を付保したことはありますか?」などと聞いてみましょう。

この辺りの実務に精通していれば、耐震改修やインスペクションなど、中古住宅の安全性を見抜く力があることが期待できます。

不動産会社選びと同じように、リフォーム会社も慎重に選びましょう。

買った「後」の状況をイメージすると、後悔のないマイホーム購入ができる

不動産取引は、考えることが多すぎてうんざりしてしまい、「もうこれでいいかな…」と疲れからくる半ば諦めに似た気持ちになることもあるかもしれません。

そんな時は、まずは依頼している不動産会社にそのまま不安な気持ちをぶつけてみましょう。きっと、そのご不安の中に大きな見落としがあると思います。

マイホームを買うことに前向きな気持ちになれない状況で取引をしては、いい結果を生まないことが往々にしてあります。

家を買うこと自体、マイホームを所有するということ自体が目的ではありません。マイホームを購入することは、その後長く続くお暮らしのスタート時点に過ぎません。

ゴール(目的)は、長く安心・安全・快適に暮らしていくことです。その目的に照らし合わせて、「この物件を買えば、よりよい生活が待っているな」とイメージできるかどうかを確認してみてくださいね。

 

P.S.
無事ゴールまでたどり着けるか?無料ゲーム「悪徳不動産屋になってガッポリ儲けよう!

 

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

マイホームの選び方を知りたい、買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。

これまでほとんど誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

これを読むことで、あなたは…

  • 行ってはいけない不動産屋が見極められるようになります
  • なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
  • 買ってはいけない物件がわかります
  • 物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
  • 安心してマイホームの取引ができるようになります