ポータルサイトに物件掲載するには売主の許可が必要。優良情報はREINSに多い?

物件をREINS(レインズ)に登録すれば、ほぼすべての不動産会社に共有されます。

ミトミも売り物件などを預かれば、レインズに登録します。すると、不動産業者から電話で問い合わせがあり、次のようなお願いをされます。

「〇〇の物件、インターネットに掲載してもよろしいでしょうか?」

これが意味するのは、SUUMOやホームズなど、個人のお客様が閲覧できる物件ポータルサイトに物件情報を登録してもよいという許可が欲しいということです。

REINSは原則として、不動産会社のみが見ることができる限定された情報公開です。インターネット広告に出せば、広く世間一般の不特定多数の目に触れることになるため、あらかじめ許可を得ることが慣習となっています。

個人売主の中古物件は、REINSにだけしか載っていないことも多い

REINSへの掲載を許可するかどうかは、売主が決めることです。ですので通常、売主と売主側の仲介業者(元付業者)は事前にネット広告OKか取り決めておきます。

そして多くの場合、(特に売り出して間もないころには)掲載を拒否することも多いのです。

「あまり売り出していることを知られたくない」という場合や、販売戦略上「色々なところに出回っていて売れ残っている印象を与えたくない」という場合など、その理由はさまざまです。

逆にいえば、ポータルサイトだけをみて物件情報を探していても、本当にうま味のある物件をごっそりと見逃している可能性があるということです。

特に売主が個人の中古物件は、利益を載せず割安に売り出されるお得な物件も多い中、近隣に知られたくない…という思いからインターネットでは分からないようになっている物件も多いのです。

ミトミでは、不動産業者(プロ)と同じ物件データベースをお客様にも無料公開しています。

【REINS】プロの業者と同じ物件情報をみる!成約価格など過去の取引情報も

全国のほぼすべての売り物件の情報がご覧になれ、成約価格など過去の取引情報も把握できます。

ぜひ納得のマイホーム購入のためにもご利用ください。

ネット情報だけに頼り過ぎず、複数の不動産会社に紹介してもらう

物件情報をネットからたくさん集めることは悪いことではありません。

ただ、鮮度の良いお得な物件情報を目に触れたいのであれば、やはり不動産会社に直接問い合わせをすることが一番手っ取り早いものです。

しかし、会社によっては自社利益(仲介手数料としての報酬)を優先して、バイアスがかかった状態で物件紹介されることがあるため、複数の不動産屋に聞いていることがいいでしょう。

例えば、報酬(仲介手数料)が2倍になる「両手仲介」にこだわり、売主から直接預かった物件のみ教えてくるところもあります。

ほぼすべての物件を一覧できるREINS(レインズ)をみるのが理想

理想としては、REINS(レインズ)を直接みせてもらえるところが望ましいです。

現在売り出されているほぼすべての物件情報が一覧できるためです(一部、REINSにも載せない非公開物件といわれるものも存在しますが、それも不動産会社と信頼関係ができれば教えてくれるでしょう)。

ただ、一般的にはREINSを直接お客様にみせることを不動産業者は嫌います。REINSには、売主側の仲介業者である「元付仲介業者」の情報も載っており、お客様が直接その不動産会社に行って契約されては報酬がゼロになってしまうからです。

尚、ミトミでは、お客様にREINSを直接ご覧いただけます。お気軽にご依頼ください。

私たちがこのように開放しているのは、物件情報に価値を置いておらず、安全性や資産性の検証業務など、買主の利益を最大化する取引過程そのもののサービスに自信があるためです。他社にはない価値をご提供できると考えています。

会社を通じて物件紹介されれば、目利き力がアップ。業者の能力や姿勢もわかる

不動産屋に訪問して、物件紹介を受けながらやり取りをすることは、買主自身の目利き力向上にもつながります。

インターネットの物件情報を一人でみていると、どうしても偏った判断をしてしまいます。

なぜこの物件はこの価格なのか、耐震性や将来の売りやすさなどはどのように判断すればよいのかなど、一つ一つの物件について不動産のプロである業者と話をすることで物件の見方の幅が広がります。

そして同時に、業者のレベルも推し量れます。

販売図面に書いてあることしか言わなかったり、住宅支援制度に詳しくなかったり、曖昧なことしか言わない、面倒そうに返答する、放置される…など、やり取りをしていれば段々とその会社の力量や姿勢がわかります。

物件を通じて、どの不動産会社に取引を任せるのがよいかを見極めることもできるのです。

不動産会社を頼る。あなたのことも積極的に伝えれば良い情報が集まる

不動産購入は不安の塊ともいえます。本当は、買うことを決める前から、根掘り葉掘りいろいろなことを聞きたいものだと思います。

購入が決まっていない段階でも、「賃貸マンションに住み続けた方がいいのかな」「まだ買うのは先だけど不動産のことについて事前に詳しく知っておきたい」など、買うかどうか・もし買ったらどういう影響があるのかなど、「事前」の相談も行いたいものです。

一方で、いきなり相談に行くと売り込まれるのではないかという不安があるのも事実でしょう。

しかし、だからといってネット情報に頼り過ぎては、よい取引は逃げて行ってしまいます。

これだけ多くある不動産会社を気楽に利用できないというのはもったいないことです。もし売り込みをされそうになれば他の不動産会社に変えればいいだけの話です。大きな取引をする前に、不動産屋を積極的に選んでくださいね。

不動産屋を味方につけ、良好な関係を築けばあなたの望む情報も手に入る

不動産屋さんと話をしていて、この会社は信頼できると感じればぜひ積極的にあなた自身のことも伝えてください。

不動産会社としては、情報だけ持っていかれることを恐れる場合があります。「物件だけくれ」というお客様には、いい情報を渡さない場合もあります。

売主側は、購入を検討してくれることを前提に、自宅の情報を伝え内見(内覧)にも対応してくれます。

本当に買うことを考えているかどうか分からない段階で、すべての情報を渡してしまうと、売主側にも迷惑がかかり仲介業者としての評判が落ちてしまうのです。また、情報だけ持っていかれて他社で契約されるのも嫌がるでしょう。

逆に、あなたが具体的にどういう物件を探しているのか、今後の暮らしに何を求めるのかといったことを具体的に話せば話すほど、不動産会社としては「このお客様は本気でマイホーム購入を考えていらっしゃる」と、どんどん情報を出すようになるでしょう。

本来、買主と不動産会社はお互いパートナーとなり得る立場です。ネットからの情報だけでは、相性や話しやすさなどはなかなか分かりづらいものです。ぜひ積極的に不動産屋を訪問してみてくださいね!

 

P.S.
無事ゴールまでたどり着けるか?無料ゲーム「悪徳不動産屋になってガッポリ儲けよう!

 

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

マイホームの選び方を知りたい、買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。

これまでほとんど誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

これを読むことで、あなたは…

  • 行ってはいけない不動産屋が見極められるようになります
  • なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
  • 買ってはいけない物件がわかります
  • 物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
  • 安心してマイホームの取引ができるようになります