今回は、中古住宅のリノベーションについてご紹介いたします。

kato20141202-1

住宅を購入する際に、新築だけでなく中古住宅の購入を検討する方は多くいらっしゃると思います。最近では「中古住宅+リノベーション」というスタイルが人気で、あえて中古住宅を選択する方も増えています。

今回は、リノベーション住宅のメリットやデメリットについてお伝えします。

リノベーションって?

kato20141120-2中古住宅の購入を検討する際によく聞く「リノベーション」という言葉の意味をご存じでしょうか。

老朽化した建物を新築時と同じような状態にする「リフォーム」と同じような意味だと思われる方も多いかもしれませんね。たしかに、リノベーションには新しくきれいな状態にするという面もありますが、それだけではありません。

リノベーションとは、建物が建てられた時の意図や目的などから見直して、ライフスタイルに合わせて建物の機能面や性能面まで刷新することを言います。基本的に変えることができないスケルトン(骨組)部分以外のすべてに対して見直しを行い、間仕切りや配管を移動したり、必要に応じて構造補強を行ったりと、かなり大規模な工事になります。

リノベーション住宅のメリット

kato20141202-3リノベーション住宅を購入するメリットとして大きいのはやはりコストパフォーマンスの良さだと言えるでしょう。同じような条件の新築住宅と比べかなり割安に購入することができますし、予算内での選択肢も新築と比べて多くなると言えます。また、ライフスタイルや家族構成、好みなどに合わせた住宅にすることができるのもリノベーション住宅の大きな魅力です。新築の建売住宅は画一的で似通った間取りやデザインが多いですが、リノベーション住宅なら自分たちの生活に合った個性的な建物にすることが可能です。

リノベーション住宅のデメリット

kato20141202-4リノベーション住宅のデメリットとして考えられるのは、建物自体の耐久性に不安がある場合です。リノベーションでは、建物の骨組み自体は生かすことになるため、古い物件の場合、現行の建築基準法の基準を満たさなくなっていることもあるためです。こうした場合、基準を満たすための耐震改修工事などに、別途かなり費用がかかってしまうことが考えられます。

 

購入後にリノベーションを行う場合、リノベーションの費用には一般の住宅ローンは利用できません。住宅ローンのほかにリフォームローンを利用することになります。リフォームローンは住宅ローンに比べ金利が高い傾向があるため、資金計画が立てづらい場合があります。また、新築住宅を購入する場合と比べ、税制面の控除などが優遇されていない点にも注意が必要です。

「中古住宅+リノベーション」を検討する場合は、上記のようなメリット・デメリットを理解した上で、慎重に進めたいところです。また、どのような住宅にしたいのかを明確にした上でリノベーションに取り組むことが成功のコツだと言えるでしょう。

今回は、新築住宅と中古住宅のリノベーションを比べてのメリット・デメリットについて紹介しました。これから住居について考えている方、リノベーションについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

P.S.
無事ゴールまでたどり着けるか?無料ゲーム「悪徳不動産屋になってガッポリ儲けよう!

 

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

マイホームの選び方を知りたい、買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。

これまでほとんど誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

これを読むことで、あなたは…

  • 行ってはいけない不動産屋が見極められるようになります
  • なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
  • 買ってはいけない物件がわかります
  • 物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
  • 安心してマイホームの取引ができるようになります