今回は、世界的に注目を受けているこれからの東京のマンションについて紹介します。

海外投資家が東京のマンションに注目

kato20141109-1

東京都心部のマンションが今、世界の投資家から注目を集めています。海外投資家による都心部のマンション購入が増え、不動産取引価格はリーマンショック以前の水準に戻ってきています。

元々、東京は世界の主要都市と比べ、不動産価格が割安であり、家賃収入の利回りが良いとされています。ただ、地震や原発などの影響で投資するのを躊躇していた投資家も多かったものと思われます。

そこへ、IOCが2020年のオリンピックの開催地を東京に決定したことで、東京は安全であるという保証されたと受け止められ、都心部のマンション購入の動きが活発になったと考えられます。

オリンピックに向けて東京の不動産価値は上がるのか

kato20141109-2

実際のところ、2020年の東京オリンピックに向けて不動産の価値は上がるのかは気になるところですよね。これについては、オリンピック開催までの間に大地震などの不安定要素が起きない限り、開催地周辺は間違いなく地下や不動産価値が上がると考えられます。物件価格はすでに上がり始め、ワンルームマンションの賃貸価格も上昇し始めています。

世界中が注目するオリンピックの開催地周辺は、開催に向けて環境が整えられていきます。景気の上昇が予想され、それにともないオリンピック会場となる東京湾周辺、千代田区、墨田区、港区など、都市開発が活発な湾岸エリアの建物や土地の価値が特に上がると予想されます。

資産性の高い物件を見極めるのが大切

kato20141109-3

オリンピックに向けて、不動産の価値が高まる中、相場が上がりきっておらず、投資物件がたくさんある今は、投資の大きなチャンスであると言えます。

海外投資家はいち早く東京の投資物件に注目し購入し始めていますが、山手線沿線や立地などだけを条件に購入物件を選ぶことが多いようです。そうした物件は確かに利便性が高く注目されますが、移り住みが激しく、需要の波が大きいとも言えます。

国内の投資家の皆さんには、ぜひ、土地や建物の価値をしっかりと見極めて、真に資産性の高い物件を見極めていただければと思います。

いかがでしたか、オリンピックに向けて東京のマンション事情も変わってきております。
数年後のオリンピック時にはどのようになるか気になります。

 

P.S.
無事ゴールまでたどり着けるか?無料ゲーム「悪徳不動産屋になってガッポリ儲けよう!

 

今だけ限定公開中!【電子書籍】が無料ダウンロードできる!

これが知りたかった…「買ってはいけない不動産 行ってはいけない不動産屋」

マイホームの選び方を知りたい、買い方がわからない、不動産屋に騙されたくない、なぜ押し売りしてくるのか本当のところを知りたい…こういった方にはピッタリの内容です。

これまでほとんど誰も言ってこなかった、不動産業界の裏側を大公開しています。

これを読むことで、あなたは…

  • 行ってはいけない不動産屋が見極められるようになります
  • なぜ不動産会社が押し売りしてくるか分かります。押し売りが怖くなくなります
  • 買ってはいけない物件がわかります
  • 物件情報や過去の取引情報などが、どこに行けば効率よく入手できるかわかります
  • 安心してマイホームの取引ができるようになります